«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»

MySQLのDBディレクトリ変更と日本語化

カテゴリ:MySQL 4.0の設定
日付:2004/10/30 21:09

個人的な方針により、Apacheのドキュメントルートと同じくMySQLのデータベースも/homeに移動する。

まず、

# /etc/init.d/mysql stop

でMySQLを停止し、

# mv /var/lib/mysql /home

でMySQLのデータベースディレクトリを/homeに。

これをやった場合は、MySQLの設定ファイルを修正しなければならない。

» 続きを読む

MySQLのrootパスワード設定

カテゴリ:MySQL 4.0の設定
日付:2004/10/25 23:01

忘れないうちに、MySQLのrootパスワードを設定しておく。設定には、SET PASSWORDを使う。

# mysql

でmysqlツールを起動し、

mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('hoge');
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

とやって(「hoge」は任意のパスワード)、

mysql> exit

でmysqlツールを終了する。

» 続きを読む

MySQL 4.0のインストール

カテゴリ:MySQL 4.0の設定
日付:2004/10/25 22:16

MySQLのインストールは簡単。

# emerge mysql

でソースのダウンロードからコンパイル、インストールまで完了する。

インストールが終わったら、

# mysql_install_db

を実行してデータベースを初期化する。初期化が終わったら、動作確認。

» 続きを読む

ドキュメントルートのOptions設定

カテゴリ:Apache 2.0の設定
日付:2004/10/23 22:39

最期に、使用するディレクトリのパスとOptionsを設定する。

まずはドキュメントルート。

<Directory /var/www/localhost/htdocs>
    Options -Indexes FollowSymLinks MultiViews
</Directory>

<Directory /home/httpd/html>
    Options -Indexes Includes FollowSymLinks
</Directory>

に修正。

» 続きを読む

mod_perlと不要なディレクトリの無効化

カテゴリ:Apache 2.0の設定
日付:2004/10/23 22:13

mod_perlと不要なディレクトリを無効化する。

まずは、mod_aliasの設定。

<IfModule mod_alias.c>

から

</IfModule>

の範囲にある不要なエイリアスの削除とディレクトリ修正。

    Alias /icons/ /var/www/localhost/icons/
    Alias /doc /usr/share/doc
    ScriptAlias /cgi-bin/ /var/www/localhost/cgi-bin/
    ScriptAlias /protected-cgi-bin/ /var/www/localhost/protected-cgi-bin/$2

のうち、ドキュメントと/protected-cgi-bin/は不要なので、

    Alias /icons/ /home/httpd/icons/
#    Alias /doc /usr/share/doc
    ScriptAlias /cgi-bin/ /home/httpd/cgi-bin/
#    ScriptAlias /protected-cgi-bin/ /var/www/localhost/protected-cgi-bin/$2

のようにコメントアウトする。ついでに、ディレクトリを修正。

» 続きを読む

ErrorDocumentでオリジナルエラーページ指定

カテゴリ:Apache 2.0の設定
日付:2004/10/23 09:30

「指定したページが見つからない」(404エラー)など、Webサーバが表示するエラーページをカスタマイズしてオリジナルページにする。これも/etc/apache2/conf/commonapache2.confで行う。

すべての17種類すべてのエラーページを用意するのは大変なので、よく使う(?)4種類のページだけオリジナルにした。commonapache2.confのデフォルト設定は、

#   ErrorDocument 401 /error/HTTP_UNAUTHORIZED.html.var
#   ErrorDocument 403 /error/HTTP_FORBIDDEN.html.var
#   ErrorDocument 404 /error/HTTP_NOT_FOUND.html.var
#   ErrorDocument 500 /error/HTTP_INTERNAL_SERVER_ERROR.html.var

になっている。

» 続きを読む

DefaultCharsetとSSIの設定

カテゴリ:Apache 2.0の設定
日付:2004/10/23 09:00

Webサイト全体の動作にかかわるApacheの設定。これも/etc/apache2/conf/commonapache2.confで行う。

まずは、Charset(文字コードと考えればよい)の設定。デフォルトは、

AddDefaultCharset ISO-8859-1

になっているため、WebページをISO-8859-1(Latin 1)つまり西欧文で表示しようとする。ウチのサイトはUTF-8で統一しているので、

AddDefaultCharset UTF-8

としている。

#AddDefaultCharset ISO-8859-1

とコメントアウトするか、

AddDefaultCharset Off

としてもよい。ただ、ウチのサイトではAddDefaultCharsetを無効化するとタグでcharsetを指定してもなぜか文字化けすることがあったので、UTF-8を明示することにした。

» 続きを読む

ServerTokensによるサーバ情報表示の抑止

カテゴリ:Apache 2.0の設定
日付:2004/10/17 11:25

/etc/apache2/conf/commonapache2.confの設定編。

まずは、セキュリティ対策としてServerTokensディレクティブを変更する。ServerTokensディレクティブは、クライアントに返信するサーバ応答ヘッダに含める情報を制御する。デフォルトでは

ServerTokens Full

となっており、Apacheのバージョン、OS、PHPのバージョンなど、サーバの詳しい情報をクライアントに送り返す。例えば、

Server: Apache/2.0.41 (Unix) PHP/4.2.2 MyMod/1.2

こんな感じ。

これでは、クラッカーに対して、クラッキングのための情報を与えているようなものである。

» 続きを読む

ServerNameとDocumentRootの設定

カテゴリ:Apache 2.0の設定
日付:2004/10/16 16:22

Gentoo Linuxの場合、Apache 2.0の設定ファイルはapache2.confとcommonapache2.confの2つに分かれている(普通はhttpd.conf)。まず、/etc/apache2/conf/apache2.confを編集する。

後でまたいろいろいじるが、現段階では2個所だけ。まずはServerName。

#ServerName localhost

のコメントアウトを解除して、「localhost」をサーバ名(ホスト名.ドメイン名)に修正する。このサイトの場合、

ServerName nekhet.ddo.jp

になる。

» 続きを読む

ドキュメントルートの用意

カテゴリ:Apache 2.0の設定
日付:2004/10/16 16:10

Gentoo Linuxは/var/www以下をドキュメントルートにしているが、人間が作成するデータは/homeにまとめたいので修正する。こうすれば、バックアップの際に/homeだけを考えればよくなる。

なお、これは好みの問題なのでやらなくてもよい。

/homeに作るドキュメントルートは、昔のRed Hat Linux風に(慣れてるから)。

# mkdir /home/httpd
# mkdir /home/httpd/html

さらに、一応cgi-binとiconsを移動する。

# mv /var/www/localhost/cgi-bin/ /home/httpd/
# mv /var/www/localhost/icons/ /home/httpd/

それ以外のディレクトリや/var/www/localhstの中身はいらないので、まとめて削除。

# cd /var
# rm -rf ./www

このままだと、ドキュメントルートにはrootでしか書き込みできない。パーミッションを緩めてもよいのだが、ここはWeb管理用のグループで管理してみる。

» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 || Next»


関連コンテンツ

ページの先頭
に戻る