«Prev || 1 || Next»

phpMyAdminのインストールとUTF-8化

カテゴリ:MySQL 4.0の設定
日付:2004/11/13 09:13

MySQLの操作を容易にするため、phpMyAdminをインストールする。

基本的に、この手のツールを公開サーバ上で運用するのはセキュリティ上好ましくない。非公開サーバで運用してデータベースだけを公開サーバに転送するのが望ましいが、公開サーバで運用する場合は分かりにくいディレクトリにインストールしてアクセス制御をしっかり行うこと。

まずは、

# emerge phpmyadmin

でインストール。emergeが終わったら、

# mysql -u root -p < /usr/share/webapps/
phpmyadmin/2.6.0_p2/sqlscripts/mysql/2.6.0_p2_create.sql

を実行してphpMyAdmin用のデータベースを作成する。この処理は一瞬で終わる。終わったら、

# /etc/init.d/mysql restart

しておく。

» 続きを読む

MySQLのDBディレクトリ変更と日本語化

カテゴリ:MySQL 4.0の設定
日付:2004/10/30 21:09

個人的な方針により、Apacheのドキュメントルートと同じくMySQLのデータベースも/homeに移動する。

まず、

# /etc/init.d/mysql stop

でMySQLを停止し、

# mv /var/lib/mysql /home

でMySQLのデータベースディレクトリを/homeに。

これをやった場合は、MySQLの設定ファイルを修正しなければならない。

» 続きを読む

MySQLのrootパスワード設定

カテゴリ:MySQL 4.0の設定
日付:2004/10/25 23:01

忘れないうちに、MySQLのrootパスワードを設定しておく。設定には、SET PASSWORDを使う。

# mysql

でmysqlツールを起動し、

mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=PASSWORD('hoge');
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

とやって(「hoge」は任意のパスワード)、

mysql> exit

でmysqlツールを終了する。

» 続きを読む

MySQL 4.0のインストール

カテゴリ:MySQL 4.0の設定
日付:2004/10/25 22:16

MySQLのインストールは簡単。

# emerge mysql

でソースのダウンロードからコンパイル、インストールまで完了する。

インストールが終わったら、

# mysql_install_db

を実行してデータベースを初期化する。初期化が終わったら、動作確認。

» 続きを読む

«Prev || 1 || Next»


関連コンテンツ

ページの先頭
に戻る