«Prev || 1 | 2 || Next»

php.iniの設定

カテゴリ:Apache 2.0の設定
日付:2005/02/12 14:34

Gentoo Linuxのphp.iniはさほどいじりまわす必要はないのだが、備忘も兼ねて記しておく。基本的にデフォルトのママのものには言及ないが、特に重要なものはその限りではない。

いまのところ、/etc/php/apache2-php4/php.iniと/etc/php/cli-php4/php.iniの内容は同一。もしかしたら、将来ちょっと変えるかもしれない。

» 続きを読む

DNSTranによるAnalogの高速化

カテゴリ:ログ管理
日付:2005/02/11 15:39

名前解決は基本的にコストの高い処理であり、各種のログは通常IPアドレスのみを記録する。

Analogには、アクセスログに記録されたIPアドレスをホスト名に変換する機能がある。例えば、/etc/analog/analog.cfgに

DNS WRITE
DNSFILE /tmp/dnsfile

と記述すれば、DNS問い合わせを行って名前解決し、/tmp/dnsfileに結果をキャッシュする。

しかし、この機能は非常に遅い。

» 続きを読む

Analogの検索語句レポートを日本語化

カテゴリ:ログ管理
日付:2005/02/11 12:12

検索エンジンに入力された文字列は、エンコードされてURLに埋め込まれる。この情報はApacheのアクセスログにも記録されるので、訪問者がどのような検索文字列でアクセスしてきたのかが分かる。

ただし、Analogはエンコードされた文字列をそのまま表示するため、人間には分かりにくい(16進数がそのまま読める人は別だが)。analogurldecodeを使えば、エンコードされた文字列をデコードしてくれる。

» 続きを読む

Analogの基本設定

カテゴリ:ログ管理
日付:2005/02/05 14:08

/etc/analog/analog.cfgを編集して、Analogの集計対象や出力の設定を行う。まずは基本的なところから。

IMAGEDIR images/

で画像ファイルのディレクトリ指定。

HOSTNAME "hogehoge"

は、出力ページのタイトル。任意のタイトルをつけておけば良い。

» 続きを読む

Analogのインストール

カテゴリ:ログ管理
日付:2005/02/05 12:37

Apacheのアクセスログを分析するため、Analogをインストールする。

# emerge app-admin/analog

app-emacs/analogというebuildもあるため、app-adminの指定が必要になる。

また、Apacheのドキュメントルートを変更している場合は、ドキュメントルート内に適当なディレクトリを用意しておく。

# mkdir /home/httpd/html/log

ここでは、以下このディレクトリを前提に話を進める。

» 続きを読む

アクセスログのローテーション化

カテゴリ:ログ管理
日付:2005/01/23 13:58

logrotateをインストールしたら、Apacheのアクセスログとエラーログをローテーションさせる設定を行う。

Apache用の設定は、/etc/logrotate.d/apacheというファイルで行う。基本的には/etc/logrotate.confの内容が適用されるので、/etc/logrotate.d/apacheには/etc/logrotate.confと異なる部分だけ記述すればよい。

» 続きを読む

logrotateによるログローテート

カテゴリ:ログ管理
日付:2005/01/23 13:30

ログ(基本的にはApacheのアクセスログ)の肥大化を防ぐため、logrotateでログをローテーションさせる。

まずは、emergeでインストール。

# emerge logrotate

logrotateの設定は、/etc/logrotate.confで行う。このファイルにすべての設定を記述してもよいのだが、通常は/etc/logrotate.dディレクトリに個別(サービスごとが一般的)に設定ファイルを用意し、/etc/logrotate.confに/etc/logrotate.dをインクルードさせる。/etc/logrotate.confに共通設定、/etc/logrotate.d/以下のファイルで個別設定という形になる。

ちなみに、ローテーションの実行ログは、/var/lib/logrotate.statusに記録される。

» 続きを読む

ドキュメントルートのOptions設定

カテゴリ:Apache 2.0の設定
日付:2004/10/23 22:39

最期に、使用するディレクトリのパスとOptionsを設定する。

まずはドキュメントルート。

<Directory /var/www/localhost/htdocs>
    Options -Indexes FollowSymLinks MultiViews
</Directory>

<Directory /home/httpd/html>
    Options -Indexes Includes FollowSymLinks
</Directory>

に修正。

» 続きを読む

mod_perlと不要なディレクトリの無効化

カテゴリ:Apache 2.0の設定
日付:2004/10/23 22:13

mod_perlと不要なディレクトリを無効化する。

まずは、mod_aliasの設定。

<IfModule mod_alias.c>

から

</IfModule>

の範囲にある不要なエイリアスの削除とディレクトリ修正。

    Alias /icons/ /var/www/localhost/icons/
    Alias /doc /usr/share/doc
    ScriptAlias /cgi-bin/ /var/www/localhost/cgi-bin/
    ScriptAlias /protected-cgi-bin/ /var/www/localhost/protected-cgi-bin/$2

のうち、ドキュメントと/protected-cgi-bin/は不要なので、

    Alias /icons/ /home/httpd/icons/
#    Alias /doc /usr/share/doc
    ScriptAlias /cgi-bin/ /home/httpd/cgi-bin/
#    ScriptAlias /protected-cgi-bin/ /var/www/localhost/protected-cgi-bin/$2

のようにコメントアウトする。ついでに、ディレクトリを修正。

» 続きを読む

ErrorDocumentでオリジナルエラーページ指定

カテゴリ:Apache 2.0の設定
日付:2004/10/23 09:30

「指定したページが見つからない」(404エラー)など、Webサーバが表示するエラーページをカスタマイズしてオリジナルページにする。これも/etc/apache2/conf/commonapache2.confで行う。

すべての17種類すべてのエラーページを用意するのは大変なので、よく使う(?)4種類のページだけオリジナルにした。commonapache2.confのデフォルト設定は、

#   ErrorDocument 401 /error/HTTP_UNAUTHORIZED.html.var
#   ErrorDocument 403 /error/HTTP_FORBIDDEN.html.var
#   ErrorDocument 404 /error/HTTP_NOT_FOUND.html.var
#   ErrorDocument 500 /error/HTTP_INTERNAL_SERVER_ERROR.html.var

になっている。

» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 || Next»


関連コンテンツ

ページの先頭
に戻る