Domain-U用OS環境の構築(Gentoo Linux)

カテゴリ:Xen 3.4の設定
日時:2010/04/04 20:00

Gentoo Linuxを使って、ドメインを作成する。手順は通常のインストールとほとんど変わらない。

まず、作業用のディレクトリを作成して、そこに移動する。

# mkdir /mnt/gentoo
# cd /mnt/gentoo

ステージ3のtarボールとPortageのファイルを取得し、/mnt/gentooに展開する。

# wget http://gentoo.channelx.biz/releases/x86/autobuilds/current-stage3/stage3-i686-20100216.tar.bz2
# wget http://gentoo.channelx.biz/snapshots/portage-latest.tar.bz2
# tar xvjpf stage3-*.tar.bz2
# tar xvjf portage-latest.tar.bz2 -C /mnt/gentoo/usr

Domain-0環境から各種設定ファイルを流用(一部、再編集が必要)。

# cp /etc/resolv.conf /mnt/gentoo/etc/
# cp /etc/make.conf /mnt/gentoo/etc/
# cp /etc/conf.d/net /mnt/gentoo/etc/conf.d/
# cp /etc/conf.d/clock /mnt/gentoo/etc/conf.d/

/procと/devをマウント。

# mount -t proc none /mnt/gentoo/proc
# mount -o bind /dev /mnt/gentoo/dev

ここまでできたら、chrootする。手順は通常通り。

# chroot /mnt/gentoo /bin/bash
# env-update
>> Regenerating /etc/ld.so.cache...
# source /etc/profile

chroot環境になったら、Portageを更新しておく。

# emerge --sync

locale.genの設定と更新、タイムゾーンの設定を行う。

# nano -w /etc/locale.gen
# locale-gen
# cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

/etc/conf.d/netは、ここでIPアドレスを書き換えておく。

次ぎに/etc/fstabの設定。こんな感じでOK。

#/dev/BOOT        /boot    ext2      noauto,noatime   1 1
/dev/hda1         /        ext3      noatime          0 0
/dev/hda2         none     swap      sw               0 0
none              /proc    proc      defaults         0 0

syslogdとcronのインストールも、通常通り。

# emerge metalog
# emerge vixie-cron
# rc-update add metalog default
# rc-update add vixie-cron default
# emerge slocate

最後に、rootのパスワード設定とユーザーの追加も行っておく。

また、sshdをdefaultランレベルに追加しておくとよいかもしれない。

以上でchroot環境で行うべき作業は完了。exitで抜けて、不要なファイルを削除して作業の後始末をする。

# exit
# rm stage3-*.tar.bz2*
# rm portage-latest.tar.bz2*
# umount /mnt/gentoo/proc
# umount /mnt/gentoo/dev