«Prev || 1 || Next»

Sambaの起動

カテゴリ:Samba 3.0の設定
日付:2005/03/06 12:36

中途半端になったが、Sambaの起動とランレベルへの追加。特筆すべきことはないが、一応記しておく。まず、

# /etc/init.d/samba start

でSamabaが正常に起動し、ファイルの読み書きも可能なことを確認したら、

# rc-update add samba default

でSambaをデフォルトランレベルに追加する。

以上で、Sambaによる最も単純なファイルサーバの構築は完了。

Sambaのユーザー設定

カテゴリ:Samba 3.0の設定
日付:2005/03/06 12:32

次はSambaのユーザーと認証関係の設定。/etc/samba/smb.confには楽しそうな記述が多いが、基本的にはデフォルトのままとする。外部に晒すつもりもないのでセキュリティは甘め。

   security = user

  encrypt passwords = yes

passdb backend = tdbsam

この辺りはSambaの定石どおりなので省略。

» 続きを読む

Samba 3.0のインストールと基本設定

カテゴリ:Samba 3.0の設定
日付:2005/03/06 11:52

ファイル/プリントサーバを構築するため、Samba 3.0をインストールする。当然ながら、外部公開用サーバではなく、イントラサーバ限定である。

LDAPを使ったりActive Directoryのメンバにするのも面白そうだが、ユーザーが自分1人では凝ったことをする意味もない。というわけでTDBSAMを使って、最小限の工数でファイルサーバを立ち上げてみる。そのうちLDAP化するかもしれないが。

まずは、emergeでSambaをインストールする。

# emerge samba

でOK。

» 続きを読む

«Prev || 1 || Next»


関連コンテンツ

ページの先頭
に戻る