DiCE for LinuxによるダイナミックDNS更新

カテゴリ:Gentoo Linux Tips
日時:2010/03/13 21:32

自宅サーバを外部に公開するには、プロバイダに割り当てられたグローバルIPアドレスとドメイン名を結びつける必要がある。これを行う手段の1つとして、ダイナミックDNSサービスを利用する方法がある。

多くのダイナミックDNSサービスは無償で提供されているが、一定の間隔でIPアドレスの更新処理を行わないとサービスが停止されてしまう。そこで、ダイナミックDNSサービスに対して定期的にIPアドレスの更新を行ってくれるDiCE for Linuxを利用する。

ここでは、ダイナミックDNSサービスにMyDNS.JPを利用した場合を例に説明する。

まず、DiCE DynamicDNS Client(for Linux)から、CUI版(diced000.tar.gz)をダウンロードする。

次にdiced000.tar.gzを展開し、DiCEディレクトリを/usr/local/bin下に移動する。

# tar xzvf diced000.tar.gz
# mv DiCE /usr/local/bin/

これでファイルの配置は完了。次にDiCEの設定を行う。

まず、dicedを起動する。

# /usr/local/bin/DiCE/diced
=-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
Version 0.19 for Japanese
Copyright(c) 2001 sarad

:

初回起動時は、setupで環境設定を行う。設定自体はまったく難しくない。

:setup
IPアドレスの検出方法を指定してください
(0) 自動検出
(1) ローカルのネットワークアダプタから検出
(2) 外部のスクリプトから検出
<現在:0>
(N)変更しない  (P)戻る
>0

プライベートIPアドレスも検出対象ですか? (Y/N)
<現在:いいえ>
(P)戻る
>n

IPアドレスの検出をテストしますか? (Y/N)
(P)戻る
>y
検出IPアドレス>xxx.xxx.xxx.xxx

IPアドレスの検出をテストしますか? (Y/N)
(P)戻る
>n

IPアドレスをチェックする間隔を指定してください(分)
設定可能範囲は5分以上です
<現在:10>
(N)変更しない  (P)戻る
>n
=================================================
DNSサーバーの負荷を軽減するために頻繁なDNS更新を防ぐ必要があります
前回の更新から一定時間DNS更新処理を行わないように保護時間を設定して
ください(分) 設定可能範囲は10分から1440分です
<現在:60>
(N)変更しない  (P)戻る
>n
=================================================
設定を保存しますか? (Y/N)
(P)戻る
>y
設定を保存しました
=================================================
:

次にダイナミックDNSサービス固有の設定。これはaddで行う。

:add
新しくイベントを追加します

DynamicDNSサービス名を入力してください
"?"で対応しているサービスを一覧表示します
(P)戻る
>?

       ZENNO.COM         livedoor         MyDNS.JP              pcc.jp
          JPN.ch          MyIP.US           @nifty         StaticCling
        MyServer          ddns.ca              p2p      did.expoze.com
          Dynamx       WebReactor            unicc               Earth
          DNS2Go         EveryDNS           Now.nu           dynDNS.it
      onamae.com             DION              ODN                ysdn
          ddo.jp       Netservers             todd                 USA
             cjb           Dyn.ee          BIGLOBE                dnip
       my-domain         ZoneEdit             ZiVE                  yi
          theBBS         SelfHOsT            No-IP             nicolas
         miniDNS        Microtech           instat            ieServer
      HAMMERNODE          GetmyIP            Dynup                Dynu
            dyns           DynDSL         DynDNSdk              dyndns
           DtDNS             dnsQ              dhs             DDNS.nu
        cheapnet         changeIP         ARTofDNS         VALUEDOMAIN
             ODS           JSPEED            IPDYN            DnsTokyo
=================================================
新しくイベントを追加します

DynamicDNSサービス名を入力してください
"?"で対応しているサービスを一覧表示します
(P)戻る
>MyDNS.JP

<< MyDNS.JP >>
URL: http://www.mydns.jp/
(省略)
=================================================
ドメイン名を入力してください
"?"でドメイン一覧を表示します
(P)戻る
>example.com
=================================================
ホスト名を入力してください
(P)戻る
>
=================================================
ログインユーザ名を入力してください
(P)戻る
>MasterID
=================================================
ログインパスワードを入力してください
(P)戻る
>Password
=================================================
登録するIPアドレスを入力してください
空白にすると現在のIPアドレスを自動検出します
(P)戻る
>
=================================================
このイベントに題名を付けてください
(P)戻る
>MyDNS.JP
=================================================
このイベントを実行するスケジュールを設定します

実行する頻度を指定してください (番号入力)
(0)1回のみ (1)1日1回 (2)1週間に1回 (3)1ヵ月に1回
(4)その他の周期 (5)IPアドレス変化時 (6)起動時
(P)戻る
>5

IPアドレスがあまり変化しない環境の場合、更新せずに一定期間を過ぎると
アカウントを削除されてしまうことがあります
IPアドレスの変化が無い時に実行する間隔を指定してください
(0)7日毎   (1)14日毎  (2)21日毎  (3)28日毎
(4)35日毎  (5)56日毎  (6)84日毎
(P)戻る
>0
=================================================
=================================================
このイベントを有効にしますか? (Y/N)
(イベントの有効/無効は"EN/DIS"コマンドで切替えられます)
>y
=================================================
イベントを保存しますか? (Y/N)
>y
イベント"MyDNS.JP"を保存しました
=================================================
:

一通り設定が終わったら、listで確認してみる。

:list
(No.)   (イベント名)              (スケジュール)             (次回予定)
0 *  MyDNS.JP                    IPアドレス変化時 (7日毎) 02/16 01:23
:

まずは実行してみる。実行はex+イベントNo.で行う。

:ex 0
2/9 0:31 にMyDNS.JPが実行されました
IPアドレスを更新しました
:

exitでdicedの設定モードを抜ければ設定は環境。

:exit

dicedをデーモンとして実行する。オプションとして「-d -l」を付ける。これでDiCEが定期的にIPアドレスの更新を行ってくれる。

# /usr/local/bin/DiCE/diced -d -l
=-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
Version 0.19 for Japanese
Copyright(c) 2001 sarad

DiCE Daemon Started !!

最後に、サーバ起動時にDiCEが自動実行されるようにする。/etc/init.d/DiCEとして以下のようなスクリプトを作成し、

#!/sbin/runscript
depend() {
        need net
}

start() {
        ebegin "Starting DiCE"
        /usr/local/bin/DiCE/diced -d -l
        eend $? "Faild to start DiCE"
}

実行権を付加し、

# chmod +x DiCE

デフォルトランレベルに追加する。

# rc-update add DiCE default

以上で作業完了。